柴犬 飼い方をしていくうえでは犬しつけトイレの教えなどアレコレしないと

柴犬 飼い方をしていくうえでは、犬しつけトイレの教えなどアレコレしないといけません。

耳の薬(液状また・よ軟膏)を投与するには、犬の耳介を持ち、点耳容器を犬の耳の穴の中へ軸方向に挿入し、点耳容器を押して注入します。耳介を持ったまま、点耳容器を押しながらそっと引きぬき、耳の孔に軟膏を塗りつけます。

柴犬 飼い方では、耳を持ったまま耳のすぐ下のあたりをマッサージし、薬をまんべんなく広げます。通常、犬の耳の孔は頭部の側面で触れることができます。できるだけ長い間マッサージを続けます。犬のしつけトイレも同じように根気良く教えないといけません。