FXブログを見ながらFXチャートや仕組みを勉強するのも良い

FXブログを見ながら、FXチャートや仕組みを勉強するのも良いです。

最近人気の「FX(外国為替証拠金取引)」は、個人でも手軽に通貨の売買を行える商品ですが、このFX投資家も投機筋です。

「投機」という言葉には怪しげなイメージがつきまとうため、「銀行二投機筋」というのは、意外に思うかもしれません。ところが、むしろ銀行は投機筋の中心的存在なのです。FX仕組でお金の本当の動きを理解しましょう。

FXブログで解説している有志の方が多くいますので、参考にすると良いでしょう。

須藤一寿の【キャンドルマイスターFX】


さて、発表された雇用統計の結果が市場予想よりもかなり悪かった場合は、FX市場はどうなるのでしょう。

結果が良いというFX市場予想を信じ、先回りをしてドルを買った人は、「失望売り」をします。その結果、ドルは急落し、相場は波乱含みの展開になることもあります。

このように為替相場は日々、さまざまな要因を織り込みながら動いています。FX相場の推移をみて、「この材料はすでに織り込みずみだな」といった感覚をもてるようになれば、あなたもプロの世界に一歩近づいたといえるでしょう。

「地政学的リスク」という言葉を闘いたことがあるでしょうか。実は、これも為替相場に大きな影響を及ぼすものなのです。
そもそも地政学的リスクとは、ある特定の地域や国の政治的・軍事的な緊張の高まりが、原油など商品価格の急上昇や為替相場の乱高下を招き、世界経済全体に悪影響を及ぼすリスクのこと。

簡単にいえば、戦争や紛争などによるリスクです。イラクやイラン、ナイジェリア、パレスチナなど政治的に不安定な国がリスクの高い地域です。