犬のしつけ飼い方についてちょっと聞いての最近のブログ記事

ミニチュアダックス 飼い方の中では、褒める犬のしつけ方を重視してください。

犬に何か指示を出して、それががきちんとできたら必ずその都度褒めてやりましょう。ミニチュアダックス 飼い方では、「これをやると褒めてもらえる」と思い、次回も同じことができるようになります。

特に、犬のしつけ方や訓練の初期には、毎回褒めることで効果が上がります。

犬のしつけ方や訓練を覚えた犬を褒めてやることは、非常に大切なことですが、しかし、あまりささいなことで、大げさに褒めすぎないでください。

しつけや訓練中に必要以上に褒めすぎると、ミニチュアダックスはうれしくて有頂天になってしまいます。今行っている訓練のことを、犬に忘れさせてしまうような過剰な褒め方は避けましょう。

柴犬 飼い方をしていくうえでは、犬しつけトイレの教えなどアレコレしないといけません。

耳の薬(液状また・よ軟膏)を投与するには、犬の耳介を持ち、点耳容器を犬の耳の穴の中へ軸方向に挿入し、点耳容器を押して注入します。耳介を持ったまま、点耳容器を押しながらそっと引きぬき、耳の孔に軟膏を塗りつけます。

柴犬 飼い方では、耳を持ったまま耳のすぐ下のあたりをマッサージし、薬をまんべんなく広げます。通常、犬の耳の孔は頭部の側面で触れることができます。できるだけ長い間マッサージを続けます。犬のしつけトイレも同じように根気良く教えないといけません。